タトゥー除去の施術法選びとは

クリニックでのタトゥー除去方法

クリニックで行われる除去方法

若い時にファッション感覚でタトゥーを入れる人のうち、約8割が後々タトゥーを除去したいと考えています。インターネットなどでタトゥーを除去する情報を検索すると、タトゥー除去はそれほど難しくなく、また傷も残らず綺麗に消すことが可能だという情報を多く目にしますが、実際のところ専門家の話によると傷跡がのこる可能性は高く、綺麗に消せる保障はできないということです。クリニックで行われるタトゥー除去は、いくつかあります。除去を希望する場合、まずはクリニックでの施術法選びのためにこれらのタトゥー除去の種類を知り、それぞれのメリットやデメリットを理解したうえで最適だと思われる施術法選びをしましょう。一般的にクリニックで多く利用される方法に、レーザー治療による除去があります。最も綺麗に除去できるという認識が広がっていますが、残念ながらどのような種類のタトゥーでも完全に除去できるわけではありません。色が薄いものや深くまで色が入っていないもの、赤色のもの、線が細いものは、比較的除去しやすくなっています。切除法では、急いで除去したい人に最適ですが、縫合線が完全に消えるわけではないため、やはり傷跡は残ってしまいます。また新しい除去法として、タトゥーアウェイという高濃度の乳酸を用いて色素を除去する方法があります。切除しない方法ですが、皮膚に茶色が沈着したり、他よりも白く脱色してしまったり、皮膚が盛り上がってしまうなどのリスクがあります。このように、それぞれに特徴があります。自分のタトゥーの状態とリスクを考えて、クリニックに相談しながら施術法選びをしましょう。

バックナンバー

↑PAGE TOP